top of page
  • official

好きな〇〇。

好きな食べ物は? 好きな芸能人は? 好きなスポーツは? 好きな音楽は?

好きな人の、好きな〇〇には興味があっても、 その辺の人や嫌いの人の、好きな〇〇には興味がない。

なので、興味がないかもしれないけれど、私の好きな料理研究家について少しだけ。

私が好きな料理研究家は、土井善晴さん。

お料理や自然に対する考え方といった精神的な部分に加え、土井さんのお料理レシピで作るとめちゃくちゃおいしくて私好みの味になるので、この頃は崇拝気味。

次に答えるなら、高山なおみさん。

でも、高山なおみさんは、レシピを参考にしたことがなくて、その生き様というかエッセイなど随筆のファンなのである。 六甲の山手に住んでおられるそうで、親近感がわく。

今興味を持っているのは、辰巳芳子さん。

本を読んでみようかなと思っている。

好きな料理研究家についてなどと言いながら、知っている料理研究家の方なんて両手で足りるほどだったりするので、誰かと話をするには盛り上がりに欠けそうで言う機会がない。聞かれることもない。(もはや好きな〇〇は?なんて聞かれることもないけど)

家事をアウトソーシングする流れができて、スゴイ家政婦さんが注目されたりもしているけれど、料理っていうクリエイティブな日々の営みは、これからも自分でやっていきたいなと思っている。

ホントは、好きな料理研究家についていろんな人に聞いてみたい。

あなたの好きな料理研究家は、誰ですか?どこが魅力ですか?

ーーーーーーーーーーーーーー

極めてプライベートなことを少し。。。

1

先日、次男が2歳の誕生日を迎えた。 あれからもう2年か、と感慨深いのは親の方で、本人は何知らぬ顔。

3人目ともなると、2歳の誕生日のお祝いはものすごくラフなものとなる。 (うちだけかも?)(長男も長女も2歳の時に何をあげたか覚えていない)

プレゼントは用意せずお花を飾った。 ケーキは長男と長女が食べたがったので、近所のチーズケーキを購入した。

そしてお祝いの日は、義母と義父がうちへ来てくれた。 去年新型コロナのことがあり、1歳の誕生日のお祝いができなかった代わりらしい。 お赤飯など持ってきてくれて、本当にありがたい。 子どもたちも嬉しそう。

その上、義父がプレゼントを用意してくれていたのである!

ブックオフで購入したという本! (友人には中古品をプレゼントという発想を驚かれた) (私は何の違和感もなく受け止めていた)

左が次男用、右が長女用。 (長男には鬼滅の刃1〜3巻だった)

これが、大ヒット!

これ以上のプレゼントはないであろうというぐらい、次男が気に入り、もらってから毎日音楽を鳴らして歌っている。 さすがベネッセさまと崇めたくなるほど、重宝しているので、使わなくなったら誰かに譲りたい。

ちなみに右の長女の本も気に入って、めっちゃ使っている。 本物のピアノで練習してほしいのに、こっちを使うほど。

どんな高価なものよりも、ナイスチョイスだったと心から思っている。

2

恥ずかしいので書くのを躊躇うのだが、膀胱炎になった。(記録も兼ねて書かせていただきたい…) 膀胱炎は、なったことのある人には深く共感してもらえると思うが、想像より10倍ぐらい辛いものである。 ひどいと、血尿になる。(血尿なんてブログに書く日が来るなんて) 病院に行ってお薬をもらうか、薬局にあるお薬を買う人が多いと思う。

私は、セサミオイルにティートリーとラベンダーの精油を入れ、それを患部に塗るという対処法をしている。 これが意外と効くので、毎回病院にも薬局にも行くことがない。 塗布する用の安心できる精油であることが第一条件な上、あくまで私の個人的な体験談であるため真似しないでほしいけれど。

第一、なぜなるのかが問題である。 ・細菌かウイルスの感染がほとんどなので、免疫がきちんと働いていたらなりにくい ・ストレスや疲労で弱っていたら、なりやすい ・寒さなどによる血行不良でも、なりやすい

・・・・・・

ボーコレンのサイトより

・・・・・・

思い当たる節といえば、朝晩が寒かったり、外出先のクーラーで冷えたりしたこと。 バタバタしていて夜に作業をしたりして睡眠時間が減っていたこと。

このぐらいのことでも、すぐに免疫機能はダメージをくらうんだなと実感している。

bottom of page