top of page
  • official

記録するということに意味はあるのか、ないのか。

今日は、5月6日。GW明けである。

子どもたちが学校や園へ行き、ほっとする。 やれ疲れたようなそうでもないような、日常に戻る安心感。

休み中の記憶がほとんどない。 5日も連続して休みだったとは思えない。

必死で何をしたか、思い起こす。

そういえば、去年の今頃は初めての緊急事態宣言でひたすら家の近所で過ごしていたことを思い出す。

私はちょいちょい自分の考えや行動を記録に残している。 去年の記録を遡ってみた。

昨年の今頃も、特別なことをしていなかった様子が残っていた。 まだ、小麦粉もチーズも無制限に食べていた。 シンプルに掃除をしたりしていたっぽい。 5/6は緊急事態宣言29日目というふうに書いていた。(カウントの仕方があっているかは謎)つまり、1ヶ月近く家の近所のみで子どもと過ごしていた時期ということ。 閉塞感がありつつ、近所で過ごす楽しみを感じていたな〜。 空とか自然の写真を撮りがち。

気になったので、2019年も調べてみた。 GWについての記載なし。気に入ったお店の記載のみ。 神戸で働き初めて、神戸散策をしていた時期。 そして次男妊娠中の産休前。

(このデミグラスソースは、シンプルなんですかね。。)

こちらは今もよく行くカフェ。今も変わらずお気に入り。 まだ2年ぐらいなんだな〜。

ついでに2018年。GWの記載なし。旅行とか行ってないと思われる。 この頃、転職活動をしていた。仕事にこれからどうするかに悩んでた時期。

書道と海外旅行と一人旅ができていない。 けど頑張った方な気がする。 あ、人の役に立つもできてないかも?これからだと思おう。。

私という人間がよく出ている。。3年前から基本は変わっていないみたい。

さらについでに2017年。長男が3歳、長女が1歳。 関西圏をうろちょろしていたっぽい。 長男がこんな可愛いことをしていたことなんてすっかり忘れている。

こうやって、時々気まぐれに記録を残しているけれど、 研究でもないし何かを比較する訳でもないし、読み直すこともないし(今回は特別)、過去は基本的に置いてきている。

もっと、後世の人のためになるようなことや面白いことを綴ればそれなりに形になるんだろうなと思いながら、だらだらと今日も記録し続けている。

2021年GWはというと。

6歳(小一男子)、4歳(年中女子)、1歳(男子)と私と夫。 暑くも寒くもない季節なので、どこかへ行きたいけれど、なんとなく予定を組みそびれて、家で過ごすことになった。 正確には、行きたいところはあったんだけど最近散財しているため予算が足りなかった。 緊急事態宣言のでている地域から地方へ遊びに行くのも躊躇われた。

29日(木・祝)雨 家の中で布団で滑り台っぽくして遊ぶ。 家の中で簡易テントを広げる。ぐだぐだ過ごす。 ご飯は困ったときのカレー。

1日(土)曇り AM公園へ。なぜか教えたらはまったタカオニをする。こちらは非常に疲れる。 PM長男はスイミング。(本当は長女もだけど休むとゴネるので休ませる)

2日(日)晴れ時々雨 夫の実家(電車とバスで30分ぐらい)へ。 お昼ご飯をたらふくいただき、私は昼寝させてもらう。 (義実家へいくと必ず眠くなって昼寝しちゃう) 子どもたちはおばあちゃんおじいちゃんと遊びまくる。

3日(月・祝)晴れ 子どもたちが暇だの退屈だの言い出す。 AM公園へ。またタカオニ。 PMは銭湯へ。(夫と次男以外)めっちゃ混んでいた。 初めての道を通り新しいお店を見つけてテンションあがる。

4日(火・祝)晴れ時々曇り 長男の希望で釣りへ。(夫担当。長女も一緒に)何も釣れなかったらしい。 こちらも暇なので次男と川沿いを散歩に出る。 パンを買ってひたすらウォーキング。

5日(水・祝)大雨 長男長女と園の友達家族のお家へ。 長男は友達と暴れ回る。おいしいお昼ご飯をいただく。 長女は塗り絵したりパズルしたり絵本を読んだりして遊ぶ。

初めて、菖蒲湯をする。 (レモンはおまけ)(次男用の遊ぶカップも入っている。。)

相変わらずの地味ご飯が続く。

ちなみに2011年からの記録が残っていたけれど、2011〜2016年らへんは、私はよく怒っていた。怒りすぎだと自分でも思うので、周りの人はなんて怒りん坊なんだろうと嫌な気持ちにさせていたかもと反省している。

ミニマリストにはまりモノを捨て、シンプルな暮らしと思考、そしてちゃんと料理して食べることをすると、たまにしか怒らなくなった。

そして、そのおかげで生きやすくなった。(怒ると疲れるんだよね)

過去の自分を俯瞰で見ることができるという点において、何の意味もないような記録も、少しは価値があるのかも。

bottom of page