top of page
  • 執筆者の写真kayo

阪急百貨店梅田の、これぞ百貨店感。

梅田で働いていた10年前は、阪急百貨店の1Fを駅からオフィスまでのショートカットに使っていた。

食料品が並ぶ地下はいつでも人が多くて、どのフロアも洗練されていて、当時から大阪の百貨店は違うな〜って思っていたけれど、久しぶりに足を踏み入れると、やっぱりレベルが違う。


比較対象が今住んでいる神戸と実家のある広島なので、そりゃ違うでしょ、って感じではあるんだけど、絶対新しい発見があるのが、梅田の阪急百貨店なのである。


今日、仕事がらみで阪急百貨店へ立ち寄ったら、やっぱり欲しいもので溢れている。

見るもの見るもの、欲しくなる。

出来るだけ目的のもの以外みないように注意しながら、歩く。


でも、ちょっとだけフラフラしてみようと思った8Fで、面白いものを発見。



刺すだけでパソコンの全データを消してくれるUSBらしい。

すごくない?欲しい。



クラウドファンディング 中らしいんだけど、空気中の水から飲料水を作り出す機械らしい。最大10ℓ作られるんだとか。水のタンクがいらないなんて画期的すぎ。乾燥してる地域だとどうなるんだろ。殺菌とかろ過とかされてるんかな。そもそも空気中にあるものだからそんなの必要ないのか?謎すぎる。除湿機に水溜まるのも、梅雨時期でもせいぜい2ℓぐらいな気がするし、やっぱり不思議。でもいいよね。いいのかな?分からなくなってきた。



なんか、アクアリウムもあった。


いや〜街に出ると違うわと思わされテンションが上がり、その後久しぶりに会った人にその興奮をぶつけ、喋りたいだけ喋り、帰宅した。


催事も期間限定のポップアップもセンスがいいんよなあ。

時々、目的なくただ遊びに阪急百貨店に行こうかなと思った次第でございます。


.



で、帰って久しぶりにビールをいただいたら、酔いまして。

気がおおらかになり、子どものわがままをいなせたのはいいんだけど、そのあと一気に不安感が襲ってきて、これがアルコールの楽しさでもあり怖さでもあるのよ、とその不安感から目が覚めました。

もうお酒で楽しめない体になってしまったのだろうか。それはそれでちょっぴり悲しいな。

(お酒、辞めないけどね。) 




Comments


bottom of page