top of page
  • 執筆者の写真kayo

宇宙には「気」が充満している。

ドラゴンボールが好きな長男が喜びそうな言葉である。

しかしこれは稲盛和夫さんの書籍にあった言葉。


稲用和夫さんといえば、京セラの創業者。

昨年90歳で亡くられていたようだけど、会社員であれば名前は聞いたことがある人がほとんどだと思う。

どのような方か詳しくは知らなかったのだけど、ご縁あって「心。」という本を読むことになった。



一部抜粋する。


「私たちが自分のものと考えているものはみんな、現世における一位的な預かりものにすぎません。」


「日々の雑事そのものが、悟りをひらくための修行なのです。」


「急激に巨大になりすぎたものはその成長がピークに達すると、調和をもたらすという宇宙の流れによってかならずしも崩壊、衰退させられる。そして再び、程よい状態、本来あるべき姿へと軌道修正させられるわけです。」



私の迷いや悩みに寄り添い、エゴを戒めるような言葉の数々。

自分の心を磨いて生きていきたいな。

今このタイミングでこの本に出会えたことに、感謝したいな。


.


福岡出張が思いの外楽しくて、とにかく楽しくて、久しぶりに自分を出せている感覚がある。

よい疲れ。今日も働く。



Comments


bottom of page